【WordPress】Gutenbergの画像貼り付けサイズ「Wide width」 と「Full width」をテストする

Gutenbergのビジュアルエディタを使う

ビジュアルエディタってあまり好きではないのですが、Gutenbergのビジュアルエディタを使っています。前にGutenbergのコードエディタで色々と不具合?っぽいのが出たのですが、Gutenbergのビジュアルエディタを使うととてもサクサクで記事が書きやすいです。

GutenbergはBlockという概念で文字通りブロック毎に見出しや本文や画像などのコンテンツを管理できるので便利です。

ちなみに、JetpackのMarkdownプラグインである「JP Markdown」は無効にしています。なんかGutenbergとコンフリクトが起きている気がして…。

追記:GutenbergとJP Markdown(JetpackのMarkdown機能だけを提供するプラグイン)を併用すると記事のpタグなどが無効化されてバグります。

それでも、やっぱりGutenbergで記事を書いている途中で、記事編集画面の右メニューにある「Allow Comments」や「Allow Pingbacks & Trackbacks」が無効化されてしまう不具合は起きています。

画像コンテンツのテスト

いくつか画像を貼っていきます。

通常サイズで画像を貼り付け。

上の画像はそのまま通常のサイズで画像を貼り付けています。

Wide widthで画像を貼り付け。

上の画像は「Wide width」で画像を貼り付けています。

Full widthで画像を貼り付け。

上の画像は「Full width」で画像を貼り付けています。

「Full width」が画面一杯に画像が広げられてそれっぽいですね(笑)スマホで見ると「Wide width」も「Full width」も画面一杯にはなってしまいますが…。

Gutenberg、とても使いやすいのですが、記事作成中にコメントとピンバック&トラックバックが無効化されてしまうのはどうにかして欲しいですね。